_PERSON01RYOTARO IDA

自分自身の成長が
会社の成長。

井田涼太郎技術職

事業推進部 計画二課 指導事務係
2018年入社/工学部卒

学生時代は建築を専攻し入社後には不動産開発に携わったことで、建物をハード面からもソフト面からも見ることができるようになる。建築への熱い思いを持つ3年目。

社長と直接意見交換ができるくらい
風通しの良い会社。

学生時代は建築を専攻していたため、建築関係の仕事に就きたいと思っていました。また、研究室配属までは学生自治体に所属し、総務局長として学生を代表して大学に提案を行ってきた経験から、設計に携わることだけではなく、プロジェクトを取りまとめるような役割に興味を持っていました。就職活動のなかでも注目していたのは、電鉄系子会社の不動産会社です。会社の安定性はもちろん、所有している土地が豊富だからこそ多種多様な事例に触れられる点が魅力的だと思い、さらには大手不動産会社と比べると社員数が少なく、幅広い業務を経験できるのではと考えたからです。最終的には、面接や内定前のやりとりにおいて社内の雰囲気が良いと感じたことを決め手に、当社に入社しました。入社後は当社の運営するゴルフ練習場で半年間の実地研修を行い、実際のお客様とのやりとりを通して、一社会人としてのビジネスマナーや、チームでの仕事の進め方を学びました。また、入社1年目、2年目のときは仕事終わりに社長と食事に行く機会も何度かありました。世間話から会社の今後の話まで様々な話を直接聞くことができ、物事を長期的に考えることの大切さも教えていただいたと思います。こうした風通しの良さは当社の大きな魅力の一つですね。

決まりきった仕事はない。
ゼロから仕組みを作っていく。

現在は、事業推進部計画二課でテナントのリーシングを中心に契約関係の業務を担当しています。具体的には、当社が運営している物件に空きが出た際に入居募集をかけ、入居申込をいただいたお客様と物件の内覧や契約条件の交渉を行います。お客様との交渉・契約にあたっては、これから長いお付き合いになることを踏まえ、慎重な判断が求められます。このため、契約書案を作成し説明する際には、物件ごとに空調設備などの特徴が異なるため、漏れなく理解して説明を行います。最終的に入居を決定してもらえた時には、やはりうれしいですね。お客様が入居することでビルにも活気が生まれますし、ビル自体の価値を上げられたようで、達成感を覚えます。また、入居が決まった後もお客様とのやりとりは続きます。良好な関係性を維持しつつ、お客様からの様々な要望に真摯に対応しています。 また、より効率良く業務を進めるための仕組み作りも仕事の一つ。日々新しいことに挑戦できる環境は充実しています。会社とともに、自分自身ももっと成長していきたいですね。

開発の面白さを実感した3年目。
デベロッパー会社へと成長させたい。

入社してから最も印象に残っている仕事は、配属直後に初めて取り組んだ開発の事業性検討調査です。現在使用されていない旧社宅の敷地に、これからどのような建物を建てるべきかを検討するための調査を行う業務でした。まずは上司と共に現地に赴き、周辺状況や法の規制を調査。その上でスーパーや店舗、事務所、老人ホームなど様々な業種の企業にヒアリングを実施し、どのようなテナントがどのくらいの賃料で入居するべきか検討を行いました。構想が決まったら、設計プランを設計担当に書いてもらい、管理・維持費や工事費などの費用を算出。その後、最終的に長い目で見た時に利益が出るかどうかを試算し、報告書の作成を行いました。入社直後ということもあり、わからないことばかりでしたが、その地域のビルの賃貸の相場や各業種の方が要求する物件のスペックなど幅広い知見を得られたことで、設計会社などに勤めていたら経験できないような仕事に取り組むことができたと感じています。ハード面にとどまらず、収益や需要などのソフト面から建築を見ることができ、やりがいを感じましたね。今後も、当社が開発を行う機会があれば必ず参加したいと思っています。その際、建築計画から詳細検討、工事管理まで関わるためにも、現在一級建築士の資格を取るべく勉強中です。資格取得支援制度を利用して、週末は学校に通っています。将来的には、会社としての開発実績を増やすことで、デベロッパーとして会社を成長させていくことが目標です。

_ある日のスケジュール

  • 出社、メールチェック。その日の業務を確認する。
  • テナントとの新規契約のため、打ち合わせ。
  • 資料作成、決裁。打ち合わせした内容をもとに契約書を修正。
  • 昼休憩。新宿周辺のお店で食べることが多い。この日はラーメンを食べに行く。
  • ビル営業部と共に契約内容を確認。
  • 事業推進部で情報共有後、資料を作成。
  • 退社。帰宅後、一級建築士の資格取得のための勉強をする。